弁護士の仕事.com

留学 ワーキングホリデー

英会話で自己紹介をしよう

初対面の人には必ず自己紹介をしますが、英会話ではI am 〜のように名前を名乗ったは良いけれど他に上手く自分のことを伝えられないという方が多いのではないでしょうか。

英語圏の人は一般的に名前とセットで出身地と短い説明を付け加えます。

例えば、Hi, I'm Kohei. I'm from Japan, famous for sushi and cartoons.といった具合です。

こうすることで会話をつなげやすくなり、その人とより近しくなることが出来ます。

皆さんも、ぜひ次の英会話での自己紹介の機会に試して見られてはいかがでしょうか。

英語講師募集、英語講師求人はシーティーエス。スキルアップも!


英語講師募集の採用条件について

最近ではグローバリゼーションを意識して普段から勉強し、英語ができる方が増えてきました。

こうした背景から、英語講師の募集に興味がある方も増えてきていると思いますが、どのような方が英語講師として採用されるのでしょうか。

まず、英語講師となるには教えることが上手であるということです。

何事でもそうですが、自分が何かをできるようになることと、それを誰かにできるようにさせることは異なります。英語講師には人に教える能力が重要となるのです。

また、逆説的ですが、あまり英語が得意でなかった人も英語講師に向いているでしょう。

これは、もともと英語が得意な人よりも色々と努力してきたからこそわかる苦手の克服方法を経験している方が講師には向いているからです。

英語講師募集と時給について

英語講師募集に関して、時給はいくらくらいなのかと疑問に思われる方もいます。おおよそ、このような特殊な「英語力」などが必要になる仕事に関しては、時間にして1時間1500円程度とされています。これは地域によっても異なりますが、全国的な平均は1500円から2000円ほどです。

また、英語講師募集に関しても、例えば東大生のトップクラスの生徒が講師を行う際には、時給5000円というケースなどもありますが、一般的な募集の際には1500円程度が妥当、とされています。かなりこれは給与にしてはいい方であり、おおよそ800円前後のアルバイトなどが多い中、とても高い水準とされています。

マンツーマンで生徒に教える英語講師募集

英語講師募集には、「集団指導」と「個別指導」があります。集団指導では、講師は複数の生徒を教えますが、個別指導の場合は、マンツーマンで教えなければなりません。個別指導の方が、より生徒に丁寧な指導を行う必要があります。

ただ、英語講師募集を見ると、どちらかと言えばお給料が高いのは、集団指導を行う講師の方です。一人を教えるより複数を教えた方が、経済効率が良いということになるのでしょう。

どちらが向いているかは講師の性格にもよりますが、応募する場合には、「集団指導」と「個別指導」の塾を分けて考えた方がよいでしょう。

Pick Up! おすすめ集

注目情報をご紹介。